ガス自由化を賢く利用

よく聞くガス自由化ってどんなもの?

2017年4月からこれまで固定だったガス会社との契約が自由に行えるようになりました。これまではガスの安定供給を図るため、地域によって供給を担当するガス会社が決められていました。ガス自由化によって、今後は電気と同じように好きなガス会社を選んで契約することが可能となります。

ガス自由化は何のために進められるの?

日本のガスは諸外国と比べ価格が高い事が知られています。独占体制は安定供給に役立つ1つの手法ではありますが、価格競争が無くサービス向上の自助努力においても慢心が発生しやすいことも事実です。今後日本は大きな災害の発生も予想され、稼働可能なガス施設を複数分散して保持することはリスク管理において大変有効な手法です。ガス自由化がスタートしたことで複数の参入会社が名乗りを上げてきています。ガス事業は電力に比べ導管網の整備が遅れている特徴があります。隣接するガス会社間のガス網が接続されていないケースもまま見られます。今後は価格低下やサービス向上とともに導管網の整備も積極的に進められることが期待されています。

ガス自由化のデメリットとは?

日本ではガスのもととなるLNG・液化天然ガスの産出量が非常に少なく、ほとんどを輸入に頼っている状況です。従ってLNGの輸入価格はガス会社の意図に関係なく海外の事情によって変動することになります。大企業では吸収できる価格変動でも、中小企業の場合はダイレクトに料金に跳ね返ってくる可能性があります。またガス自由化の恩恵は国民すべてにもたらされるわけではありません。地方では未だガスの導管の整備が追い付いていないため、プロパンガスを利用することを余儀なくされている地域も少なくありません。さらに一足早くガス自由化を行った海外では自由化によって却って会社の寡占が進んでしまったケースも見られます。とくに東京ではLNGガスの輸入量が大手ガス会社よりも大手電力会社のほうが圧倒的に多い現状があり、今後の行方から目が離せません。

実際の手続きはどうすればいいの?

ご自宅のガスの契約会社を変えたいとお考えの方も多い事でしょう。ガス自由化によって他のガス会社に契約を変更する場合でも、工事は一切必要ありません。費用も無料か若干の手数料を取られるくらいです。乗り換えキャンペーンで初期手数料が無料になっていることも多いので、こういった機会を利用するとお特に乗り換えられます。ガスには警報機がつきものですが、設置義務は地方によって異なり、場合によっては設置義務が無いこともあります。ガス会社を選んで申し込みをすると切り替え日が通知されてきますので、そのタイミングで切り替えが行われて完了です。もとのガス会社に連絡などをする必要はなく、メーター交換もいりません。場合によっては却って割高になる場合もあるためガス会社の選定はしっかり比較検討してから行うようにしてください。