ガス自由化の影響

消費者が受けるガス自由化の影響

2016年の電力自由化に続いて、都市ガスに関しても2017年4月からはガス自由化となりました。そもそもガス自由化とは何か、消費者にとってメリットやデメリットなど、どんな影響があるのかを簡単にまとめてみました。

ガス自由化とは?

ガス自由化を消費者目線で言えば、都市ガスの供給会社を自由に選択し契約できる制度のことです。2017年4月より実施されています。それまでは、地域毎に都市ガスの供給元となる会社が固定されていましたが、ガス自由化によって新規参入するガス会社との契約が可能となったのです。電力自由化が2016年4月に始まりましたが、それと同じようなイメージです。もちろんガス管はそのまま、都市ガスを供給する会社を好みに応じて変更し契約することができます。実際には、これら都市ガスの小売全面自由化の他にも、ガス管の法的分離すなわちガスの供給とガス管部門を別会社として独立させることを含めた取り組みをガス自由化と呼びます。その目的は、ガス供給事業者の公平な競争と、消費者への安定したガス供給にあります。

ガス自由化のメリットとその内容

ガス自由化によって、消費者に影響するメリットがあります。なんといっても最大のメリットは、ガス会社を選べるということです。それまで地域固定だった会社とは別に新規参入の会社との契約が可能となり、料金プランを比較し選択できるようになっています。さらには、顧客獲得のためのサービスが充実し、セット割引や定額制などお得な料金プランも増えることになります。ガス自由化前よりも、割安な料金設定を打ち出す会社もあり、会社同士の自由競争によって消費者にとっては料金面で恩恵を受けることができます。もちろんこれらのメリットは、都市ガスを利用している消費者向けですが、ガス自由化の影響でプロパンガスなどの事業者にもサービス向上の動きがあるようです。

ガス自由化によるデメリットと会社選択のポイント

ガス自由化では、消費者にとってのデメリットももちろんあります。その一つは、前述したメリットを享受できる地域が限定されているということです。都市部であればあるほど、新規参入の会社が多い一方で、地域によっては選択の余地がない場合もあります。将来的には解消されるかもしれませんが、現状では地域格差があるのが実情です、もうひとつは、都市ガス利用に関して消費者の責任が増えることになります。これまではガスに関する対応は地域固定の会社が担ってきましたが、これからはガス機器の故障や点検などのサービスは契約会社が行うようになります。つまり、このようなサポート体制も考えて契約するという責任が生じてくるのです。結論として、消費者は、メリットとデメリットを天秤にかけ、自信が納得できるガス会社を選ばなければなりません。いずれにしても、都市ガス供給会社の選択は、まず情報を集めよく検討してから決断した方が良さそうです。