ガス自由化に必要なこと

ガス自由化でどうなる?費用や安全性!

2017年4月から始まったガス自由化。
その仕組みや目的、乗り換えにかかる料金や安全性など気になる事がたくさんあります。乗り換えに必要な事やメリットなどを分かりやすく解説しましょう。

自由化の目的や仕組みは?

そもそもガス自由化の仕組みはどうなっているのでしょうか。
今までガスを利用する場合、その地域を独占しているガス会社と選択することなく契約をしていました。ガスを安定して供給することが出来るように「ガス事業法」で定められていたからです。
ですが、これからは地域のガス会社以外の選択をすることが出来るようになりました。自由化になると、料金が高ければお客さんは逃げてしまうので、無駄なコストを軽減し、ガス料金の値下げが期待出来たり、料金に合うサービスを提供しようと企業間が努力をすることになります。これがガス自由化の大きな目的です。
そこで心配になってくるのが、自由化に伴って発生するであろう初期費用や、その安全性です。

気になる初期費用

ガス自由化によって、新たに参入してきた業者に乗り換えた場合、どの程度の初期費用が必要となるのでしょうか。
既にガス管が存在していれば、ガス管を新たに引き直す必要がないので、契約による手数料のみが必要となります。
これは、全てのガス会社が既存のガス管を共同で利用するからです。ガスの購入先が変わったとしても、今までのガス管をそのまま利用することが出来るので、新たに必要になる工事は発生しません。
もちろん、ガスメーターを交換する必要も今のところありません。つまり、申し込みをするだけで、全ての手続きが完了することになります。
ただし、プロパンガスを利用している場合、都市ガスと性質が異なるため新たなガス管の工事が必要となります。

安全性は保たれるのか!

ガスの利用は、爆発事故や火災などが連想されるため、その安全性も気になるところです。
ガス自由化が始まっても、「ガス事業法」により厳しい規制があるため、品質に問題はありません。
また、先に述べた通りガス管は既存の物を共有してガスを供給するため、安全性も保たれるでしょう。
緊急時の対応に関しては、ガス漏れなどは従来通り地域のガス会社が対応することが決まっているので、何ら変わりはありません。これは、従来通りの安全性を保つために決定していることです。
万が一、新規参入してきた業者が倒産してしまった場合も、地域のガス会社がバックアップすることが決まっているので、ガスが突然止まってしまうといった心配もする必要がありません。