ガス自由化による生活の変化について

ガス自由化ので変わる私たちの生活

都市ガス自由化が、2017年の4月から始まります。ガスの自由化によって、私たちの生活はどのように変わっていくのでしょうか。今回は、ガス自由化によるメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

ガスが自由化されるとどう変わるのか?

都市ガスが自由化されると、ガス会社を自分で自由に選択することができます。今までは、地域によってどのガス会社を使うか決められていました。中でも東京ガスや大阪ガス、西部ガス、東邦ガスの4つのガス会社は四大事業者と呼ばれ、大きな力を持っていました。しかしガス自由化が行われると、こうした地域独占はできなくなります。工場や病院など、ガスを大量に使う施設では1995年からガス自由化が行われていますが、一般家庭向けのガス自由化は、日本では新しい試みです。ガス自由化が行われると、電力自由化の時と同様に、様々な企業がガス事業に参入してくると考えられます。東京電力は既に、2017年7月から家庭用ガス販売に参入すると正式に発表しているそうです。

ガス自由化のメリットは?

ガス自由化のメリットは何よりもまず、全ての家庭で自由にガス会社を選べることでしょう。これにより、今までのガス料金よりもさらに安いプランを選択できるようになります。さらに、今後は様々な企業がガス事業に参入してくると考えられるので、他社との差別化を図るためセット割やお得なポイントサービス、利用者のニーズに合わせた料金メニューが増え、価格競争のみならずサービスの質も向上する可能性があります。今まで以上に消費者の声がガス会社に届きやすくなり、私たちの生活にも良い変化が起きるでしょう。また、都市ガスの自由化に応じて、以前から自由化されていたLPガスも、ガス料金を開示するなどといった動きを見せるかもしれません。

ガス自由化のデメリットとは?

ガス自由化のデメリットは、ガスを自由に選べるようになる、というメリットに関係しています。要するに選択肢が増えすぎて「どれを選べばいいか分からない」と迷ってしまうのです。様々な料金プランやサービスが増えるのは良いことですが、どれを選択すれば一番お得なのか考えなくてはいけないようになり、「面倒くさい」と思う方も増えるかもしれません。選択の自由ができたからといって、必ずガス会社を変える必要はありません。あえて以前と同じ大手企業を利用するという選択肢もあります。考え込みすぎす、自分に合ったガス会社を選びましょう。その他に考えられるデメリットとしては、ガス自由化を利用した詐欺が行われる可能性がある、というものです。実際、電力自由化詐欺が行われ被害に遭った方もいるので、十分注意してください。